中国の休日

未分類

2022年アジアの祝日・祭日カレンダ― ⇒
2022年中国の休日

元旦1/1(土)~1/3(月)
3連休

春節1/31(月)~2/6(日)
7連休
1/29(土)と1/30(日)が振替出勤
清明節4/3(日)~4/5(火)
3連休
4/2(土)が振替出勤
メーデー4/30(土)~5/4(水)
5連休
4/24(日)と5/7(土)が振替出勤
端午節6/3(金)~6/5(日)
3連休

中秋節9/10(土)~12(月)
3連休
9月18日(土)が振替出勤
国慶節10/1(土)~10/7(金)
7連休
10/8(土)と10/9(日)が振替出勤
休日中は出入境管理処なども休みなので、ビザの更新などは余裕を持って手続きしてください。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ck05.jpg

休日でビザの期限が切れてもオーバーステイになります。
就労ビザ(居留許可)は残り期限が30日を切ると更新できませんが、3ヶ月前から更新手続きが出来ますので早めに更新したほうが無難です。

上海市は、6月1日から全面回復期として市内交通等を再開する旨を発表しております。
ポイントは以下のとおりです。詳細は上海発布をご確認ください。
引き続き感染対策に留意しつつお過ごしください。
1.お住まいの場所からの出入り
 6月1日以降、中・高リスク地域、封控区、管控区に指定されている地区を除き、各区、街道・鎮、居民委員会、物業管理会社は、いかなる理由によっても管轄地区に居住している住民の出入りを妨げてはならない旨、発表されています。一方、外出先から戻る際に健康コード等の提示を求められる可能性はありますので、お住まいの場所でご確認をお願いいたします。
2.上海市内の交通
 6月1日以降、市内の地下鉄やバスを全線再開する旨、発表されていますが、当面は運転間隔を空けての運行となり、6月6日以降、状況に応じてダイヤが見直されるとしています。混雑状況を見つつ、必要があればオフピーク通勤などもご検討ください。電子通行証制度は廃止され、タクシー等の運行も再開されます。自家用車を運転される場合は、事前の安全点検にご留意ください。
3.72時間の陰性証明
 公共の場所への入場や公共の交通機関を利用する際は、72時間以内のPCR検査結果(陰性)を携帯する必要がある旨、発表されています。検査結果が提示できないことで、思わぬ不便をきたす可能性もあります。受検してから結果が出るまでのリードタイムも加味しながら、ご自身のご日程のなかで受検すべきタイミングをご検討ください。
4.上海市外への移動(市外からの移動)
 上海市を離れる際は、48時間以内のPCR検査結果(陰性)及び24時間以内の抗原検査結果(陰性)を携帯する必要があります(24時間以内のPCR検査結果(陰性)を携帯している場合は、抗原検査は免除)。また、市外から上海市を訪れる、もしくは上海市に戻る場合は、48時間以内のPCR検査結果(陰性)を携帯する必要があります。

(発表本文)
【基本方針】
(概要)https://mp.weixin.qq.com/s/8kbGDCJGvtspGZMw1A1yGQ
(詳細)https://mp.weixin.qq.com/s/4dZErfcWAFp6V5bdAfajbg
(補足)https://mp.weixin.qq.com/s/CcziwVbwK5MnzntDBEbC6A
【陰性証明】
https://mp.weixin.qq.com/s/WjWUSUvX8PdI1v4KBfBW8Q
【交通関係】
https://mp.weixin.qq.com/s/Kbetks9ZpL4_JzLVa88umg

● 6月6日(月)から、在上海日本国総領事館別館領事部(長寧区延安西路2299号 上海マート13階)での窓口業務を再開します。

● 上海マートに入構するには以下が必要ですので、ご注意ください。入構時にお困りの際は、当館領事部にご連絡ください。
 ・建物入口で「場所コード」をスキャンし、緑コードと72時間以内の核酸検査陰性結果を提示すること。
 ・マスクを着用し、体温が平常であること。

● 旅券申請、各種申請・届出
 当館本館に開設していた臨時窓口は閉鎖し、すべての窓口業務は、別館領事部で受け付けます。
 これまでに6月6日以降の来館日の予約をお済ませの方は、当該予約日時に別館領事部にご来館願います。また、再開当初は混雑し、お待たせする時間が長くなることが予想されますので、以下の点について、あらかじめご理解とご協力をお願いいたします。

 1 警察証明の申請は従来どおり予約制です。必ず申請前に当館((021)5257-4766)までご連絡いただき、ご予約ください。メールでのご予約は受け付けておりません。再開当初は、受け付けられる件数が少数に限られること等から緊急度や優先度の高いものから順に予約日を設定させていただきます。

 2 旅券申請及び証明申請の交付に必要な日数については、当面の間は以下の対応とさせていただきます。

【旅券申請】
 (1)以下に該当する場合は、原則即日交付を行います。申請者本人が来館する必要があります。
 (ア)新生児の新規申請
 (イ)既に有効期限が過ぎている旅券の更新
 (ウ)申請日の1週間後までに有効期限が切れる旅券又は居留許可を更新する必要がある旅券の更新
 (エ)上海市以外の居住者の旅券の更新

 (2)上記(1)以外の申請は、原則5業務日(月曜日に申請の場合は、翌週の月曜日に交付)。原則申請者本人が来館する必要があります。

【証明申請(警察証明は除く)】
 (1) 上海市以外の居住者からの申請は、原則即日交付を行います。申請者本人が来館する必要があります。
 (2)上記(1)以外の申請は、原則2業務日(月曜日に申請の場合は、水曜日に交付)。原則申請者本人が来館する必要があります。

● 査証(ビザ)業務
 当館指定の代理申請機関が、準備が整い次第、査証申請等の業務を順次再開しています。査証の申請は、これら機関へ直接お願いします。
 また、査証に関するお問合せは、(021)5257-4768の専用回線でも受け付けています(受付時間:平日9時~17時)。

● 広報文化センターは、6月6日(月)の午後1時30分から、通常どおりご利用いただけるようになります。開館時間は平日の午前10時から午後5時30分までです。